ABOUT MEDICAL RADIOGRAPHER

  1. TOP
  2. 学科紹介
  3. 診療放射線技師とは

現代の医療では、病気の検査や治療のために放射線が欠かせません。
診療放射線技師は、医師や歯科医師の指示を受け、検査や治療のためにX線やそのほかの高エネルギー放射線を人体に照射する医療技術者です。

診療放射線技師はあまり知られていない職種ですが、現代医療において欠かせない職種です。
こちらでは仕事の一覧をご紹介いたします。

  • 一般X線撮影

    胸部・肺・腹部などの病気や骨折の有無などを調べる検査です。

  • 消化管造影検査

    胃や大腸などの病変を調べる検査です。

  • CT検査

    人体の断面画像や内臓・血管・骨などの3D画像を撮影する検査です。

  • MRI検査

    磁気を使って人体のあらゆる方角の断面を撮影する検査です。

  • 血管査

    血管や血流の状態を細部まで撮影し、脳や心臓系の疾患治療に役立てる検査です。

  • 乳房撮影(マンモグラフィ)

    乳房の腫瘍の有無や大きさ、形、石灰化の有無を調べる検査です。

  • 核医学検査

    放射線を出す薬剤を使用し、機能している臓器や病気を調べる検査です。

  • 放射線治療

    放射線によって体を直接切除することなく、特定の病変のみを治療します。

  • 超音波検査

    超音波を体内に送り、その反射波(エコー)を画像にして診断を行う検査です。

  • 骨密度検査

    骨粗しょう症予防のため、骨量の減少を早期に発見するための検査です。

高等学校卒業

文学部大臣または
厚生労働省が指定した
診療放射線技師に関する
学校や養成所を卒業する

本校の授業・カリキュラムはこちらから

診療放射線技師国家試験みんなで頑張れば大丈夫。8割以上は合格してます。
万が一不合格の場合もサポートします。

国家試験サポートに関してはこちらから

厚生労働大臣が
診療放射線技師籍に登録する