様々な実験室

本校では、医療の現場で即戦力となれる知識と実践力の習得を重視。
現場と同じ機器を使った実習を通して高い技術を磨くことができる環境が整っています。
普段ではなかなか味わうことができない現場の臨場感を体験し、実践の経験を積んで、将来の自分の姿を思い描いてください。

  • CT(Computed Tomography)

    X線とコンピュータを用いた断層像のことです。1972年に英国のハンスフィールド等によって開発されましたが、エックス線撮影が主流の当時、コンピュータ演算によって画像を作り出すことは、画期的な方法でした。

  • X線TV

    外部から観察できない体内をテレビモニターを通して見ることができる装置です。診療放射線技師は、撮影室の外から遠隔操作により、体内の動きを直接観察しながら撮影を行うことができます。

  • マンモグラフィ

    マンモグラフィは乳がんなどの検査に用いられるエックス線撮影の装置です。触れることができないような、小さながんも発見することができます。

  • 一般撮影

    一般撮影とは、エックス線を人体に照射し、透過したエックス線を画像としてフィルムやCRに記録する方法です。一般撮影装置は、ほとんどの病院にもある装置です。

  • 超音波検査

    人が聴くことのできないほど高い音を体内に送信し、その反射を利用して画像を構築する方法です。

  • CR

    コンピュータエックス線撮影とも呼ばれ、画像をフィルムでなくデジタルデータとして処理、活用、保存する方法です。

  • GM計数管

    主にベータ線の数を測定する機器で、ガイガーカウンタと呼ばれています。

  • ガンマ線照射装置

    放射線にはアルファ、ベータ、中性子線など多くの種類があり、ガンマ線はその中のひとつです。放射線はそれぞれの種類で、特有の性質をもっています。ガンマ線を照射し、測定器の校正、その他の実験に使用します。

そのほか学校内の様子

実践的な設備以外にも多数の施設が充実。実際の校舎内をご覧いただけます。