STUDENT VOICES

中央医療生

在学生・卒業生が中央医療技術専門学校の魅力を語ります。

  • 昼間部在校生

    赤津 美咲

    信頼される技師を目指して。
    中央医療で学ぶ日々が、技師への道に繋がる。

    チアリーディングをしていた高校時代、怪我をしたときに対応してくれた技師さんの言葉で精神的な不安が取り除かれ、部位の痛みまで軽減したことがありました。僅かな対応時間内に患者さんの心までケアできる気遣いに魅力を感じ、それまで目指していた看護師から技師へと将来の目標が変わりました。技術面だけでなくメンタル面でも患者さんや院内スタッフに信頼される、そんな技師を目指したいと思っています。国家試験の合格率が高いという点はもちろん、卒業生が多いため実習先や就職先に幅広い選択肢があるという利点も、中央医療を選んだ大きな要因です。立地環境が程よく閑静で、勉強に集中しやすいということもあり、勉強と息抜きの切り替えが上手にできる学生が多いです。

  • 夜間部在校生

    助川 敬生

    夜間部の選択、時間を有効活用。
    目標に向かって、意欲的にチャレンジ。

    日中の時間帯に、病院で実際に放射線技師の助手として職業訓練が出来るという可能性を活かすため、あえて、夜間部の課程で学ぶことを選びました。中央医療での授業は、放射線技師の仕事内容や現場の緊張感を肌で感じながら勉強するため、実地経験を積みながら国家試験を見据えることができるので、その点が大きな強みです。高校生の頃に熱中していたバスケットで怪我をする度にお世話になった放射線技師の方々は、怪我が回復するためのアドバイスを親身になって与えてくれました。私も将来、患者さんに寄り添える放射線技師になりたいと思っています。

  • 内定者

    早川 航平

    臨床実習で実感した悔しさをバネに。
    学校の手厚いサポートと自身の努力で夢を実現。

    先の東日本大震災で、放射線は少量であれば人体にほとんど影響はなく、正しく利用することによって人命を救う手助けになるものだと知り、診療放射線技師を目指すようになりました。臨床実習の際、自身の知識の乏しさを痛感し、悔しい思いをしました。この経験をバネに、努力を惜しまず勉強に打ち込みました。就職活動の際には先生方は納得のいくまで何度も何度も面接練習に付き合って下さいました。そのおかげで、志望先の病院から内定をい ただくことができました。診療放射線技師になるまでの道のりは平坦ではなく、苦しいこともありますが、コツコツ努力を重ねれば、きっと乗り越えられます。ぜひ頑張ってください。

    (日本医科大学武蔵小杉病院に内定)

  • 夜間部在校生

    渡辺 裕也

    いつまでも、向上心をもった
    診療放射線技師を目指します。

    高校卒業後は介護系専門学校に進学しましたが、実習先で医療の現状を知り、知識を最大限に活かして医療に携われる診療放射線技師を目指したいと一念発起。社会人入試があり、働きながら学べる夜間部に入学しました。昼間は整形外科で勤務。一般撮影や患者接遇を学んでいるので、解剖学の授業や実習先での接遇もイメージがしやすく、学んだ理論を業務に活かせています。夏には第一種放射線取扱主任者〈国〉の資格を取得。「2年生で取得したら快挙」という先輩の言葉に奮起し、学んでいない出題範囲の学習にも励みました。

  • 内定者

    佐々木 菜緒

    患者さんに寄り添える
    診療放射線技師になりたいです。

    中央医療技術専門学校は単一学科なので、みんなと一緒に国家試験に向かって勉強できるところがメリットです。アットホームな雰囲気で、一緒に高め合う環境なので、とても充実しています。また、文系の方でも授業のサポートがしっかりしているので、心配なく頑張れる環境が整っています。

    (2021年3月卒業 牧田総合病院に内定)

  • 内定者

    三澤 有菜

    同じ志を持った仲間がいるのが魅力。

    私は、診療放射線技師を目指す人だけの単科の学校であることに魅力を感じて中央医療に入学しました。若いうちに経験を積める大学病院への就職を入学以前から志望していたのですが、履歴書の添削や面接の練習を手厚くしてくださった先生方には本当に感謝しかありません。医療系の英語の論文を読む短期講習なども就職試験の役に立ちましたし、病院実習では実際の医療現場を間近で見て自分の将来像をしっかりとイメージできたことも、勉強を頑張ろうと思うモチベーションにつながりました。これから夢だった大学病院で幅広い仕事と研究をこなしつつ、職場の皆さんから頼りにされるような技師を目指したいと思います。

    (2020年3月卒業 昭和大学病院に内定)

  • 編入者

    大見謝 晃

    小さい頃から医療系の仕事をしたいと
    思っていました。

    小さい頃から医療系の仕事をしたいと思っていました。進路を決める際、病気の早期発見や癌治療に貢献できるという放射線技師の魅力を知人から聞く機会があり、とても意義のある仕事だと感じました。技師になることはもちろんですが、研究にも興味があり「第一種放射線取扱主任者」の資格も取得しました。現在は研究者の道も視野に入れています。人は興味あることには、夢中に取り組めるものです。中央医療は単科校なので、自分の好きなことを第一に考え夢中になれる仲間と、競い合い助け合う良い人間関係を築けます。同じ方向を目指す仲間たちと一緒に今後も頑張っていきたいです。

    (2020年3月卒業 新潟大学に編入)

  • 編入者

    福島 桃子

    MRIのエキスパートを目指して
    日々勉強に励んでいます。

    写真が好きということと、医療系技術者になりたいという想いから診療放射線技師を目指しました。撮影方法や画像をもとに疾患を見分けるMRIの知識や技術を深めたくて、大学に編入しました。勉強は科目数が多く大変でしたが、先生方も丁寧に教えてくれるので安心して試験に臨めました。中央医療在学中は撮影時のポジショニングなどを学びましたが、ちょっとした角度の違いが撮影に影響するので、撮影時の姿勢は非常に重要です。将来は大学病院などの大きな病院で診療放射線技師として活躍したいと思い、MRIのエキスパートを目指して日々勉強に励んでいます。

    (2019年3月卒業 新潟大学に編入)

  • 内定者

    桑原 悠

    患者さんに優しく接することができる
    放射線技師になりたいです。

    内定先は難しい試験が多いことで有名で、範囲の広い臨床系の分野をどこまで勉強すればいいのか不安でした。しかし中央医療技術専門学校の充実した医療設備と図書館、頼もしい先生方に助けられ、無事内定をいただくことができました。履歴書も先生方に何度も添削してもらい、本番は自分らしく臨めたと思います。これから、医師の方や看護師の方に期待され、患者さんに優しく接することができる放射線技師になりたいです。

    (2019年3月卒業 東京警察病院に内定)

  • 内定者

    佐藤 美砂希

    就職先は私の生まれた病院。身に付けた技術で地域医療を支えたい。

    物理が得意だったこと、医療を通じて人の役に立ちたいという思いから診療放射線技師を志望しました。看護師をしている姉を間近に見て国家資格保持の強みを実感。国家試験合格の高い実績があるこの学校を選びました。入学する前から機器を扱ってみたいと思っていたので、初めてCTを操作できた時はとても嬉しかったです。また、実習先の病院は患者さんのポジショニングを任せてくれたので、ポジショニングの知識や技術も同時に向上。とても実践的で、将来の診療放射線技師の仕事に対して、明確にイメージできる場となりました。

    (2020年3月卒業 米沢市立病院に内定)

  • 昼間部在学生

    小島 千佳

    患者様に寄り添い、撮影の不安を和らげる診療放射線技師になりたい

    高校での進路選択時、診療放射線技師の知人から、女性技師の少なさや仕事のやりがいを聞き、診療放射線技師を志しました。資格があれば出産・育児などの際に復帰がしやすい点も魅力でした。1年次の前期は基礎分野を中心に習得し、後期からは専門分野も徐々に学びます。CTの実習では自分の撮りたいものを用意して撮影。持ってきたミカンの粒や薄皮までしっかりと写っていて感動しました。

  • 編入者

    菅野 明香

    念願の大学編入試験合格!授業で魅力を感じた核医学の研究がしたい。

    東日本大震災の原発事故がきっかけで放射線に関心を持ちました。危ないものとされている放射線が医療で活用されていると知り、放射線への興味から診療放射線技師を志すように。大学編入も視野に入れて進学しました。診療放射線技師として必要な知識・技術はもちろん、大学編入の目的にもなった核医学についても学んでいます。核医学はCTやMRIとは違い、人の代謝などを利用して画像を得る検査方法。授業で体の機能を利用して画像を作るということを知り、面白い!と興味を持ちました。病院実習でも臨床の現場で核医学に触れています。

    (2020年3月卒業 新潟大学に編入)

  • 昼間部在校生

    土橋 俊介

    「縁の下の力持ち」として人々の役に立ちたい。

    幼い頃から将来は人のためになる仕事に就きたいと考えていました。消防士にも憧れましたが、高校時代に理系を選択し医療系を目指すように。医療において欠かせない診療放射線技師の道を選びました。「画像解剖」や「診療技術」の授業では、レントゲンやCT、MRIの画像をみて、臓器の見方を学んでいます。教科書に載っていない体験談や応用方法を伝えてくださり、未来へ向けた想像もふくらみます。

  • 昼間部在校生

    武田 ほのか

    患者さんたちに安心感を与えられるような技師が目標です。

    現場をよく知っている先生たちから教わることができるのが“中央”の特長の一つだと思います。また、今年から、「臨床実習前実技試験」を行っています。病院実習前に技師としての技能や振る舞いが一定の基準に達しているかどうかを評価する試験が導入されたのですが、その際に、具体的な場面を想定しながら検査の流れや患者さんとの接し方を教えていただいたおかげで、実習先でもあまり戸惑うことなく学べました。ちなみに今のお気に入りの講義は、看護学と臨床医学です。看護師や医師の経験を持つ先生たちに、技師からの視点とは異なる医療現場の話を聞くことができたり、他の医療職から普段技師がどのように見られているかを知ることができ、とても勉強になっています。

  • 内定者

    北西 晃城

    医師や看護師を支え、チーム医療に不可欠な存在を目指します。

    オープンキャンパスで親身になって質問に答えてくれた先輩方の優しさが学校を選ぶ決め手に。入学後も先輩方には勉強を教えてもらったり、アルバイトも紹介してもらいました。学年の枠を超えた良好な関係があります。病院実習で特に感じたのは、診療放射線技師もチーム医療の一員であるということです。医師や看護師の分野まで知識を広げることで、相手が次に何をしたいのか分かるようになり、スムーズに治療が進むことを肌で実感。要求されるレベルの高い病院でしたが、チーム医療に参加する上で必要となる高い意識が身に付きました。

    (2020年3月卒業 江戸川病院に内定)