STUDENT VOICES

中央医療生

在学生・卒業生が中央医療技術専門学校の魅力を語ります。

  • 夜間部在校生

    渡辺 裕也

    いつまでも、向上心をもった
    診療放射線技師を目指します。

    学校の紹介で病院によりアルバイトとして働いています。授業で学んだことは、実際の現場仕事と直結しており、非常に役立っているなと感じることも多いです。学校の学びは大変だと思いますが、自分のペースでできるので真面目に勉強していれば、必ず現場で活かせます。自分の目標を持って臨むことが大切です。

  • 昼間部在校生

    佐々木 菜緒

    患者さんに寄り添える
    診療放射線技師になりたいです。

    中央医療技術専門学校は単一学科なので、みんなと一緒に国家試験に向かって勉強できるところがメリットです。アットホームな雰囲気で、一緒に高め合う環境なので、とても充実しています。また、文系の方でも授業のサポートがしっかりしているので、心配なく頑張れる環境が整っています。

  • 昼間部在校生

    三澤 有菜

    人のためになる仕事に就きたいです。

    人のためになる仕事に就きたくて、大学の理学部を卒業後、以前から興味があった人体について学ぶため中央医療へ入学しました。病院での臨床実習など実践的な学びに加え、国家試験対策やレポート学習や、病院での臨床実習など実践的な勉強を行っています。胸部撮影・CT・MRIなどマルチに活躍できる技師を目指し、つねにスキルアップできるよう努力しています。乳がんの発見につながるマンモグラフィーの資格をはじめ、各種の専門資格を取得して頼りにされる人材になりたいと思っています。

  • 昼間部在校生

    大見謝 晃

    小さい頃から医療系の仕事をしたいと
    思っていました。

    小さい頃から医療系の仕事をしたいと思っていました。進路を決める際、病気の早期発見や癌治療に貢献できるという放射線技師の魅力を知人から聞く機会があり、とても意義のある仕事だと感じました。技師になることはもちろんですが、研究にも興味があり「第一種放射線取扱主任者」の資格も取得しました。現在は研究者の道も視野に入れています。人は興味あることには、夢中に取り組めるものです。中央医療は単科校なので、自分の好きなことを第一に考え夢中になれる仲間と、競い合い助け合う良い人間関係を築けます。同じ方向を目指す仲間たちと一緒に今後も頑張っていきたいです。

  • 編入者

    福島 桃子

    MRIのエキスパートを目指して
    日々勉強に励んでいます。

    写真が好きということと、医療系技術者になりたいという想いから診療放射線技師を目指しました。撮影方法や画像をもとに疾患を見分けるMRIの知識や技術を深めたくて、大学に編入しました。勉強は科目数が多く大変でしたが、先生方も丁寧に教えてくれるので安心して試験に臨めました。中央医療在学中は撮影時のポジショニングなどを学びましたが、ちょっとした角度の違いが撮影に影響するので、撮影時の姿勢は非常に重要です。将来は大学病院などの大きな病院で診療放射線技師として活躍したいと思い、MRIのエキスパートを目指して日々勉強に励んでいます。

    (2019年3月卒業 新潟大学に編入)

  • 内定者

    桑原 悠

    患者さんに優しく接することができる
    放射線技師になりたいです。

    内定先は難しい試験が多いことで有名で、範囲の広い臨床系の分野をどこまで勉強すればいいのか不安でした。しかし中央医療技術専門学校の充実した医療設備と図書館、頼もしい先生方に助けられ、無事内定をいただくことができました。履歴書も先生方に何度も添削してもらい、本番は自分らしく臨めたと思います。これから、医師の方や看護師の方に期待され、患者さんに優しく接することができる放射線技師になりたいです。

    (2019年3月卒業 東京警察病院に内定)