VOICE OF 中央医療 VOICE OF 中央医療

全国にOBのつながりがあって、就職にも有利なのが入学の決め手。 T・Iくん 昼間部

先生が親しみやすく、
いろんな話ができて面白いです。

Q.なぜ「診療放射線技師」を目指すのですか?

高校時代に陸上部で疲労骨折をして、はじめてレントゲン撮影を体験しました。それが早期治療に結びつき、自分も将来はケガや病気の方の少しでも役に立てたらと思うようになりました。また、地元(青森県)に原子力関連施設が多くあり、放射線というものにも関心がありました。放射線というと恐いイメージがありますが、こんな風に人の役に立てることもあるんだと感じたのを覚えています。

Q.数ある専門学校の中で「中央医療」を
選んだ理由はなんですか?

放射線技師の専門学校としては一番歴史があり、全国にOBのつながりがあり、就職にも有利なのではないかと思ったのが決め手でした。また、単科の学校なので診療放射線技師についてより深く、しっかり学べると思ったからです。上京して一人暮らしがしたいという想いがあったこともポイントのひとつです。

ズバリ!中央医療の魅力とは?先生が親しみやすくいろんな話ができて面白いです。単なるイメージになりますが、大学の教授とかよりも距離が近いのではないかと思います!

まずは国家試験に合格して、
いつか故郷で恩返しをしたい。

Q.学校生活で楽しいこと・大変なことは?

勉強していくうちに「命の重み」を感じるようになりました。解剖などは覚えることがとくに多くて大変です。しかし解剖を応用して、撮影画像から病状などを読み解く画像解剖学などの授業もあるので、これまで学んできたことがそういった新たな発見や知識と結びついたときはとくに嬉しさを感じます。今の目標は国家試験に合格することですが、最終的には故郷の青森で仕事につき、今までお世話になった様々な人たちに恩返しができるような診療放射線技師になりたいです。地元でいちばん大きな病院でも、中央医療のOBの方が活躍されているみたいです。

「診療放射線技師」を目指す後輩たちへ!

高校時代に青森県の放射線施設のこと、放射線の人体への影響などを知り、関心をもちました。自分の興味のあること、知りたいことにアンテナを張り巡らせていると、目標は自然と見つかると思います!