VOICE OF 中央医療 VOICE OF 中央医療

オープンキャンパスの実習での先生の言葉が嬉しかったです! N・Oくん 昼間部

すべての始まりは、
かっこいいと思ったこと。

Q.なぜ「診療放射線技師」を目指すのですか?

高校時代に近所の病院で、看護師の仕事を体験できる催しがあり、その際にたまたま働く診療放射線技師の姿を見て、単純に「かっこいいな」と思ったのがすべての始まりでした。それまで診療放射線技師という職業が存在することも知らず、あとで調べてみて、医療にとって非常に重要な仕事であることも理解しました!

Q.数ある専門学校の中で「中央医療」を
選んだ理由はなんですか?

学校のオープンキャンパスに参加しましたが、中央医療はいろいろな機器が揃っているなと感じました。そして超音波の実習体験もあり、担当してくれた先生が「入学したら一緒に超音波やろうよ」と言ってくれ、それが嬉しくて「この先生のもとで学びたい」と思ったのも理由のひとつです。入学後、その先生が顧問を務める超音波の練習をする部活にも入部し、その時の約束は現実のものとなっています。

ズバリ!中央医療の魅力とは?有名大学病院に実習に行った際、そこに在籍する診療放射線技師の約半数が中央医療の卒業生でした。そんな、凄さのある学校です!

たくさん資格をとって、
その道のスペシャリストに!

Q.学校生活で楽しいこと・大変なことは?

画像解剖という画像を見ながら疾患部位などを覚えることがとても楽しいです。臨床実習では実際の機器に触れたり、患者さんとも接する機会がありますが、授業で学んだ通りにはなかなかいきません。患者さんと話しながら機器を扱うことは簡単に見えて意外と難しいものです。患者さんの多くは車いすだったり、点滴をつけている場合もあるので、そういった部分への配慮も大事になります。だから臨床実習でしか学べないことって実はたくさんあるんだと思います。診療放射線技師の仕事には領域ごとにたくさんの認定資格があるので、できるだけ多くの資格にチャレンジして、将来は、その道のスペシャリストになりたいです。

「診療放射線技師」を目指す後輩たちへ!

患者さんと身体的に接することが必須の診療放射線技師は、人工知能ロボットなどにはできない仕事だと言われています。患者さんとのコミュニケーションを大切にする、やりがいのある仕事だと思います!